• TOP
  • 法人化のメリット・デメリット

会社設立のメリット・デメリット

ご存知かも知れませんが、会社設立をご検討中の方は是非ご一読下さい。↓
seminar.png
これから事業を解する場合、個人事業主としてスタートする方法会社を設立する方法がありますが、それぞれに一長一短があって、設立の目的や事業展開によって見解は分かれると思います。


そこで、それぞれを採用した場合のメリット・デメリットについて整理してみましょう。


個人と法人のメリット・デメリットの比較


個人事業主の場合 項目 法人の場合
egao0001.png 特に発生しない。 設立費用 登記が必要。株式会社の場合、総額25万円前後発生。 naku0003.png
naku0003.png 低い。取引先によっては応じてもらえない場合もあり。 信用力 比較的高い。 egao0001.png
naku0003.png 節税対策がしにくい。 節税効果 節税対策がしやすい。 egao0001.png
komaru0002.png 存在せず 役員報酬 毎月定額で受け取ることができ、給与所得控除が使える。 egao0001.png
egao0001.png 白色申告の場合は、比較的簡単である。 会計処理 複式簿記によるしっかりとした会計処理が必要。 komaru0002.png
egao0001.png 加入義務はないが、任意で従業員を加入させることはできる。 社会保険 加入義務があるため、役員及びその家族も加入しなければならない。 naku0003.png
naku0003.png 事業主や専従者の退職金は経費にならない。 役員退職金 適正と認められれば、経費にすることができる。 egao0001.png
naku0003.png 事業主及びその家族を被保険者とするものは経費にならない。但し、生命保険控除はあり。(最大10万円) 生命保険 一定のものは保険の種類によって経費になる。 egao0001.png
egao0001.png 必要と認められれば全額経費になる。 交際費 資本金に応じて、一定金額以上は経費にならない。 naku0003.png
naku0003.png 旅費規程がないので、認められない。 日当処理 予め設定し、妥当性があれば認められる。 egao0001.png
nikori0004.png 青色申告の場合、3年間の繰り越しができる。 赤字の
繰り越し
青色申告の場合、7年間の繰り越しができる。 egao0001.png
komaru0002.png 業種に応じて異なるが、概ね5%程度発生する。 事業税 年間所得に応じ、5%~9.6%発生する。 komaru0002.png
nikori0004.png

市町村民税 3,000

都道府県民税 1,000
住民税の
均等割
赤字の場合でも最低7万円発生する。
※規模に応じて金額は異なる。
komaru0002.png

以上が個人と法人のメリット・デメリットの比較です。


手軽に始められる点では個人事業の方がよろしいと思いますが、将来的に会社を大きくしたい場合や、一気の大きくして行きたいという強い事業意欲をお持ちの場合が、法人化を考えるべきと考えることもできます。



会社設立をお考えの方はこちら ⇒  お問い合わせはこちら
創業融資をお考えの方はこちら ⇒ お問い合わせはこちら

いずれにしましても、今後の事業プランを見ながら判断するのが望ましいと思いますので、どちらかに決める前に早めに会社設立@三河(運営:税理士法人みどり会計)に相談下さい。



会社設立のお問い合わせ・ご相談はこちらから

会社設立の無料相談はお電話でお願いいたします。

みどり経営グループ 代表 天野卓男

みどり経営グループ
代表 天野卓男
愛知県刈谷市幸町2-3-3
TEL:0566-23-3240
FAX:0566-22-9544

愛知県蒲郡市竹谷町前浜27-2
TEL:0533-68-8771
FAX:0533-68-8773
代表・事務所紹介アクセス

アクセスマップ アクセスマップ